U24上田 技ありループで2戦連発 大学選抜でも共闘、三笘と息ピッタリ

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

<U-24日本代表・ジャマイカ代表>後半、ゴールを決める上田(左)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 上田が2戦連発で猛アピールだ。後半開始から1トップで出場。12分にMF三笘の縦パスに抜け出すと、最後は技ありのループでネットを揺らした。大学選抜などでプレーした三笘との「あうんの呼吸」で生まれた一発に「薫君だからこそできる動きだし」と胸を張った。

 鹿島では昨季リーグ2位の18得点を記録したFWエヴェラウドのシュート技術を研究。最終選考で見せたループ弾は先月30日のリーグ川崎F戦でも決めており「今までループという選択肢は僕の中でなかったが、ちょっとずつ(選択肢を)増やせている」と、新兵器で1トップ争いをリードした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース