ドイツ2部デュッセルドルフ アペルカンプ真太、五輪出場に意欲 東京出身で母は日本人

[ 2021年6月13日 05:33 ]

 ドイツ2部デュッセルドルフのMFアペルカンプ真太(20)が東京五輪出場に意欲を示したとビルト紙が12日に報じた。

 東京出身で日本人の母を持つ同選手は今月U―21欧州選手権を制したドイツ代表入り。出場機会こそなかったがシュテファン・クンツ監督に実力を認められ、同代表が軸になる五輪代表招集の可能性があるという。アペルカンプは「出場できればキャリアのクライマックスになる。そうなればうれしい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース