C大阪 大久保嘉人が衝撃弾 悔しい敗戦もスーパーゴール含む2得点で開幕2戦連発

[ 2021年3月3日 20:39 ]

明治安田生命J1第11節   C大阪2―3川崎F ( 2021年3月3日    等々力 )

<川崎F・C大阪>前半、自身2得点目のゴールを決めるC大阪・大久保(右から2人目)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 C大阪の元日本代表FW大久保嘉人(38)が、スーパーゴール含む2得点で開幕2戦連発とした。

 敵地で迎えた川崎F戦。決勝点を奪った柏戦に続いてスタメンに入ると、前半5分に衝撃的なゴールが生まれる。MF坂元のパスを受け、ゴールまで約20メートルの距離から右足を振り抜くと、豪快な一撃がGKの頭上を超えてネットを揺らした。

 それでけではない。前半22分にはDF松田の右クロスをファーサイドで反応。相手DFにつかれながらも左足ダイレクトで合わせて2点目も決めてみせた。自身の持つJ1最多得点を「188」に更新し、大台の200得点にも大きく前進した。

 チームは2度のリードを守れず、悔しい逆転負け。昨季2戦2敗を喫した王者に借りを返すことはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月3日のニュース