ストイコビッチ氏のセルビア代表監督就任が正式決定、喜熨斗勝史氏もコーチで入閣

[ 2021年3月3日 21:08 ]

ドラガン・ストイコビッチ氏
Photo By スポニチ

 セルビアサッカー協会は3日、名古屋で活躍したドラガン・ストイコビッチ氏(56)の代表監督就任を正式発表した。56歳の誕生日に合わせた発表で、“ピクシー”の相性で親しまれる同氏はセルビアサッカー協会公式サイトを通じて「これ以上の良い誕生日プレゼントは望めない」と喜びを表現。契約期間は24年までの3年間で、3月から開始される欧州予選を突破して22年カタールW杯出場権を獲得することが最初の目標となる。

 またフィットネスコーチには名古屋フィジカルコーチ、広州富力(中国)トップチームコーチなどでピクシーと競闘した喜熨斗勝史氏(56)が就任。欧州強豪国で異例のコーチ就任となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月3日のニュース