G大阪 3日の名古屋戦が急きょ中止 トップチーム選手4人とスタッフ1人がコロナ陽性

[ 2021年3月3日 17:26 ]

試合中止となり、公開練習を見つめるサポーターにあいさつする名古屋イレブン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 G大阪は3日、トップチーム4選手とスタッフ1名が新型コロナウイルス感染の陽性判定を受けた影響により、同日に開催予定だった名古屋―G大阪戦(19時、豊田ス)が中止となったと発表した。チームの選手1人、スタッフ1人も濃厚接触疑いとなっており、「同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から」中止となったとし、「この試合の代替日、及び今後の試合開催等については改めてご案内させていただきます」としている。

 クラブによると、5人のうち1人(選手A)は2日朝から発熱を伴う症状があり、同日PCR検査を実施。同夕方、陽性判定を受けた。現在は自宅で静養し体調回復に努めているという。

 選手Aの陽性判定を受け、遠征に帯同している選手やチームスタッフが即日PCR検査を実施。3日未明、選手2人、スタッフ1人が陽性判定を受けた。また遠征に帯同していない選手、チームスタッフはこの日PCR検査を実施。その結果、選手1人が陽性判定を受けた。同4人に関しては現在、発熱や体調不良などの症状はなく、隔離、療養している。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月3日のニュース