横浜FC 54歳カズ最年長出場はお預け…下平監督、1―0勝利に「一体感を持って戦えた」

[ 2021年3月3日 20:21 ]

YBCルヴァン杯1次リーグ第1節 C組 ( 2021年3月3日    三協F柏 )

<柏・横浜FC>柏に勝利し選手を祝福する横浜FC・三浦(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW三浦知良(54)が3日、ルヴァン杯1次リーグ第1節のアウェー柏戦で今季初めてベンチ入りしたが、出場機会はなかった。54歳5日で出場となれば、大会史上最年長。得点すれば、DF土屋征夫(当時甲府)の持つ大会史上最年長ゴール(42歳9カ月10日)の更新とたったが、次節以後にお預けとなった。

 試合は0―0で迎えた後半6分、新加入のFW伊藤翔(32)が移籍後初ゴールとなるPK弾を決め、先制に成功。押される時間帯も多かったが、最後まで守り切り、1―0で勝ち切った。先月27日、札幌とのリーグ開幕戦は1―5の大敗。下平監督は「内容は押されていたし、やりたいゲームではなかったが、われわれには今、勝利が必要だった。チームが一体感を持って戦えたのは良かった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月3日のニュース