川崎F・鬼木監督 最速&最多勝ち点、最多勝利の記録ずくめVにも「日々の積み重ね」

[ 2020年11月25日 22:09 ]

明治安田生命J1第29節   川崎F5―0G大阪 ( 2020年11月25日    等々力 )

<川崎F・G大阪>シャーレを掲げる鬼木監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 首位の川崎Fが2位のG大阪を5―0で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を成し遂げた。4試合を残しての優勝決定は、10年名古屋の3試合を超えるリーグ史上最速記録。直接対決を圧巻の内容で制し、今季限りで現役を引退する元日本代表MF中村憲剛(40)の花道を飾った。

 最速優勝に加え、年間最多勝ち点(75)、年間最多勝利(24)も更新する記録ずくめのV。鬼木達監督(46)は「日々の積み重ねだと思う。いろんな意味で特別なシーズンだった。こんなに独走してというのはなかなかこれから先も難しいだろうなと思いますけど、ただ、自分たちの選手を信じて戦えば決してできないことはないんだろうなと思った」としみじみと振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月25日のニュース