G大阪FW宇佐美、首位・川崎Fとの決戦は“我慢比べ”「ゼロでいく時間をどれだけ長くできるか」

[ 2020年11月25日 05:30 ]

川崎F戦へ向けて最終調整を行うG大阪FW宇佐美(C)GAMBA OSAKA
Photo By 提供写真

 25日にアウェー川崎F戦を迎えるG大阪は24日、吹田市内で最終調整を行った。引き分け以下ならば川崎Fの優勝が決まる。FW宇佐美は“我慢比べ合戦”で勝機を見出すことをイメージした。

 「早い時間で得点を取るのも大事かもしれないけど、それ以上にゼロ(無失点)でいく時間をどれだけ長くできるか。ゼロで粘るのが今季の自分たちの勝ちパターンなんで」

 今季7敗中5敗が前半45分以内に失点したもの。前半をしのげば、勝ち点3へのチャンスは大きくなる。勝たなければいけない状況でも今季の躍進を支えてきた堅守を武器に挑む構えで、宮本監督も「簡単に優勝を許すわけにはいかない」と目前で優勝シャーレを掲げさせないことを選手に意識付けた。

 優勝を1日でも先延ばしにする――。タイトルではなく、プライドを賭けた一戦に挑む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月25日のニュース