川崎F “2度目の正直”決める最速V!憲剛「等々力ラスト2」いざG大阪戦

[ 2020年11月25日 05:30 ]

ホームの等々力はラスト2となった中村(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 川崎Fが25日、“2度目の正直”で2年ぶり3度目のリーグ制覇を決める。ホームで2位のG大阪と対戦。21日に大分に敗れ足踏みしたが、G大阪に引き分け以上ならJ1史上最速V達成だ。今季限りで引退するMF中村にとって「等々力ラスト2」となる一戦。等々力でゴールを決めれば81%の勝利を誇るエースFW小林も「優勝したら真っ先に憲剛さんを探すと思う」と気合を入れており、クラブ初の自力Vへ舞台は整った。

 来月21日には等々力で中村の引退セレモニーが行われることも決定。18年川崎F一筋の中村にとってG大阪戦は国際大会も含め公式戦675試合目。前売りチケットは完売。今度こそVを決める。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月25日のニュース