浦和GK西川、大槻監督の退任発表に「率直に申し訳ない気持ち 選手が結果を出せなかったから」

[ 2020年11月25日 13:36 ]

浦和のGK西川
Photo By スポニチ

 浦和の主将でGK西川周作(34)が25日、オンライン取材に応じた。この日、大槻監督、上野ヘッドコーチらが今季限りで契約満了となることが発表され、選手にも練習前のミーティングで報告があった。

 「率直に申し訳ないという気持ちです。僕がレッズに来て7年目。ここ数年は毎年のように(監督交代が)起こっている。それは選手が結果を出せなかったからという思いがある。浦和のゴールを守っている以上、失点しなければそういうことは起きない」。

 大槻監督の使命を受け、今季は主将も務める。毎試合後、監督室で反省点を見つめ直すなどコミュニケーションはルーティンとなっていた。「シーズンは続く。こういう発表があったからこそ負ける姿ではなく勝つ姿を見せたい。残り4試合、プロとして1つになって上を目指していく姿勢を見せないといけない」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月25日のニュース