神戸・イニエスタに“強力援軍” 無人スタンドにサポーターの顔写真設置 チーム関係者がサプライズ予告

[ 2020年7月4日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節   神戸―広島 ( 2020年7月4日    ノエスタ )

オンラインで取材に応じた神戸・イニエスタ(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ主将(36)はオンラインで取材に応じ、広島との再開初戦に向け「最高の状態で試合に挑めるように頑張ってきた。チームとしていい活躍ができれば」と意欲を示した。

 この日は神戸市内で非公開調整。コロナ禍による活動休止中は「とても難しい時期で、練習できない間はコンディションの維持に努めていたよ」。再開初戦は無観客での開催だが、サポーターを意識し「可能な限り楽しんでもらえるように。多くの人に喜びを伝えられたら」と語った。

 過密日程を乗り切るため、チームは選手を入れ替えながら総力戦で臨む構えだ。さらに援軍もいる。無人のスタンドを彩る顔写真入りのサポーターパネル。チーム関係者は「その中に、あっと驚くゲストがいます」と不敵に予告した。サプライズゲストとの豪華競演が実現しそうだ。

 ホームに迎え撃つ広島には、15年以来、リーグ戦で9試合勝利がない。「多くの選手が貢献することはチームの強化という意味で重要」と語り「簡単ではないが、優勝を目指して戦っていきたい」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月4日のニュース