FC東京FWディエゴ・オリヴェイラ 後ろから激しいタックル受け転倒、途中交代 検査へ

[ 2020年7月4日 22:21 ]

明治安田生命J1第2節   FC東京1―0柏 ( 2020年7月4日    三協F柏 )

<柏・FC東京>後半、先制ゴールを決め、跳び上がって喜ぶFC東京・渡辺
Photo By 共同

 待望のリーグ初戦でFC東京は昨季のJ2王者を撃破した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦が中断し、約4カ月ぶりのリーグ戦。日本代表DF渡辺剛(23)がセットプレーからゴールネットを揺らし、アウェーの地で柏に完封勝利した。

 ただ、予期せぬ事態がチームを襲った。前半11分、ブラジル人FWディエゴ・オリヴェイラが後ろから激しいタックルを受けて転倒。右足を押さえながら苦もんの表情を浮かべ、なんとか起き上がったものの、同28分にピッチを退いた。クラブによれば詳しいけがの状態は分からず、詳細は病院での検査待ちになる。

 また、ベンチ外となった日本代表MF橋本については、コンディション不良で帯同メンバーから外れたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月4日のニュース