韓国Kリーグ 今週末の開催延期、新型コロナ感染拡大受け ACLは無観客に

[ 2020年2月24日 20:58 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、韓国のKリーグは24日、今週末に予定されていた今季リーグ戦の開幕を延期すると発表した。

 Kリーグは「感染拡大が深刻な時期に入り、市民と選手の健康と安全を守ることが最優先」と決断の理由を説明。延期期間は未定で「感染拡大がおさまるまで」としている。韓国保健福祉省は24日、新型コロナウイルスに感染した患者が新たに1人死亡し、国内での死者が計7人になったと発表。感染者も161人増え、計763人となった。

 またアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合はホームで予定通り開催するものの、無観客とする方針も発表。FC東京、神戸、横浜の日本勢は既に韓国での試合を消化している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月24日のニュース