ボローニャ冨安 同点弾演出 戦術担当コーチ「素晴らしい働き」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ1―1ウディネーゼ ( 2020年2月22日 )

<ボローニャ・ウディネーゼ>前半、競り合うボローニャの冨安(右)
Photo By 共同

 ボローニャは3試合連続でフル出場したDF冨安が、劇的な同点弾を演出した。1点を追う後半46分、右サイドからふわりと浮かせたクロスを入れ、FWパラシオの得点をアシスト。昨年12月のアタランタ戦以来2アシスト目となった。右サイドバックで先発し、左サイドバック、右MFとポジションを変えて攻守に奮闘。戦術担当のデレオ・コーチは「素晴らしい働きで、あらゆるポジションをやってくれた」と称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月24日のニュース