FC東京 ディエゴだ!アダイウトンだ!レアンドロだ!ブラジル人トリオで劇勝

[ 2020年2月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   FC東京3―1清水 ( 2020年2月23日    アイスタ )

<清水・FC東京>祈りをささげる(左から)アダイウトン、ディエゴ・オリヴェイラ、アルトゥール・シルバ、レアンドロ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 FC東京は敵地で逆転勝ちし、悲願のリーグ制覇へ好スタートを切った。開幕戦で勝利するのは17年以来、3年ぶり。破壊力抜群のブラジル人トリオが躍動し、清水の守備網を粉砕した。

 1―1で迎えた後半35分、3人が一気に加速した。FWレアンドロがドリブルで持ち上がると、FWディエゴ・オリヴェイラへ。最後は同10分から途中出場したFWアダイウトンが右足でゴールネットを揺らし、高速カウンターを仕上げた。

 長谷川監督は「なかなか攻撃のスイッチが入らない中で交代選手が流れを変えてくれた」と話し、2つのPK獲得を含む全3得点に絡んだレアンドロは「良いスタートが切れた。アウェーの勝ち点3は価値がある」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月24日のニュース