清水 PK2つ献上…DF立田反省「試合を壊してしまった」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   清水1―3FC東京 ( 2020年2月23日    アイスタ )

<清水・FC東京>ゴール前のボールを追う清水DFで五輪代表の立田(中央)=撮影・篠原岳夫
Photo By スポニチ

 試合内容は決して悪くなかったが、後半に力尽きて開幕白星を逃した。1―0からの後半30分以降に3失点し、今季から指揮するクラモフスキー監督は「いい流れもあったが、非常に残念」と悔しがった。前半から随所に好連係で攻め込んだ攻撃面は今後への期待を抱かせたが、守備の課題は残されたままだ。2度のPKを与えたDF立田は「チームの色は出せたが、個人で試合を壊してしまった」と反省した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月24日のニュース