広島 森島エース自覚弾!左足一発「いいスタート切れた」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   広島3―0鹿島 ( 2020年2月23日    Eスタ )

<広島・鹿島>後半、ゴールを決め浅野に祝福される広島・森島
Photo By 共同

 背中の「10」が躍った。FWレアンドロ・ペレイラのパスに反応した広島MF森島が左サイドから迫り、左足でGKの左上を打ち抜いた。「チャンスで決められて良かった」。快勝劇を仕上げる後半39分からの3点目に甘いマスクを緩めた。

 ブレーク2年目の東京五輪世代。A代表まで経験した昨季を経て「10得点10アシスト」が今季の目標だ。「鹿島相手に勝って、いいスタートを切れたけど、これを続けていかないといけない」。重みを増した背番号以上の自覚が言葉に潜む。

 高い位置でボールを奪い、ショートカウンターを狙う20年の広島スタイルを体現し、スタンドで観戦した両親に見せた雄姿。勝利への貢献が東京五輪出場の可能性を広げる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月24日のニュース