静岡学園・岩本、決勝欠場も得点王「自分が出られなかったのは実力がないだけ」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権最終日 決勝   静岡学園3―2青森山田 ( 2020年1月13日    埼玉 )

「かめはめ波」をする静岡学園の岩本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 静岡学園のFW岩本は四日市中央工の森と並んで5ゴールで得点王に輝いた。だが、チームが優勝を決めた決勝には出場できず「うれしいのはうれしいけど、自分が出られなかったのは実力がないだけ」と率直な思いを口にした。

 準々決勝でハットトリックを達成して脚光を浴びたが、準決勝以降は無得点。「大事な試合でチームを救う選手じゃないと、自信を持って得点王とは言えない。大学でもっと成長したい」とさらなる躍進を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月14日のニュース