大迫、厳しい表情で「危機感しかない」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

U-23アジア選手権1次リーグB組第2戦   日本1―2シリア ( 2020年1月12日    パトゥムタニ )

頭を下げるU23日本代表(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 大迫は、6カ月後に迫る東京五輪に向けて「危機感しかない」と厳しい表情で振り返った。

 初戦サウジアラビア戦を含め好セーブもあるが、「結果に結びついていない現実に責任を感じている」とバッサリ。「本大会はもっとプレッシャーがあると思うし、一点一点の重みがのしかかる。今回はそういういいでは凄くいい経験」と前向きだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2020年1月14日のニュース