静岡学園・松村、徹底マークもドリブルが止まらん「自分のところで相手を引きつけようと」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権 決勝   静岡学園3―2青森山田 ( 2020年1月13日    埼玉 )

前半、ドリブルする静岡学園・松村(中)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大会No・1ドリブラーが有終の美を飾った。鹿島入団が内定している静岡学園MF松村は「3年間、目指してきた目標にようやくたどり着けてうれしい」と喜びをかみしめた。

 ボールを持てば常に2人が寄せに来るなど、この日も徹底的にマークされた。もどかしさはあったが、「自分のところで相手を引きつけようと思っていた」と役割に徹した。切れ味鋭いドリブルで敵陣深くまで切り込むたびに、相手は守備に奔走。後半中盤を過ぎると、青森山田の運動量はがくっと落ちた。

 中学時代からスピードに乗ったドリブル突破には定評があった。しかし、「1枚目ははがせても、2枚目にひっかけられることが多くなった」とスピード頼みのスタイルは、研究されるともろさが露呈。高校では欠かさずボールコントロール向上の個人練習を行い、足元の技術を飛躍させ“止められないドリブル”を身につけた。

 15日には鹿島の春季キャンプに合流予定。「子供たちに憧れられるような選手になりたい」と夢を抱き、新たな扉を開く。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月14日のニュース