青森山田、連覇の夢散る…黒田監督「相手には“おめでとう”と言いたい」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権 決勝   青森山田2―3静岡学園 ( 2020年1月13日    埼玉 )

静岡学園に敗れ涙を見せる青森山田・武田(中)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 青森山田の2連覇の夢ははかなく散った。黒田剛監督は「決めるところで決めるか、決めないかの差が勝敗を分けた」としつつ、「相手には“おめでとう”と言いたい」と話した。

 試合のペースは東北の雄が握ったはずだった。前半11分、DF藤原がFKに合わせて渾身(こんしん)のヘディング弾で先制。同33分に浦和に加入するMF武田が得たPKを自ら決めて突き放す。これからホームとなる舞台での“初得点”で最高潮に盛り上がった。だが、徐々に精神面で守勢に回った。

 「守備のコンセプトを徹底できなかったのが悔やまれる。フッと抜けた一瞬を相手に突かれてしまった」と指揮官。前半アディショナルタイムにペナルティーエリア内でクリアし切れず、ゴールを許す。テクニカルな相手に押し込まれた後半は16分、40分に点を奪われた。

 積み上げを大切にしてきた一年だった。他校が導入するプレー分析アプリなど、新しい試みはない。昨夏の総体では3回戦敗退など歴代で一番、弱いと言われたチームに前年度良かったものを継続させた。落とし込みは成功し、再び決勝の舞台までたどり着いた。

 それでも頂点には届かなかった。「優勝と準優勝の違いを強化につなげたい」。名将は悔しさをバネに日本一奪回を誓っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月14日のニュース