J2大宮“大物”の契約満了続く…昨季まで6年キャプテン務めた菊地も退団 今季主将の大前に続いて

[ 2019年12月17日 16:58 ]

菊地光将
Photo By スポニチ

 3年ぶりのJ1昇格を逃したJ2大宮は17日、DF菊地光将(34)との契約期間満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 埼玉県越谷市出身の菊地は浦和東高、駒沢大を経て2008年に各クラブ争奪戦の末、J1の川崎F入り。2012年に大宮へ移籍し、2013年から昨季まで6年連続でキャプテンを務め、今季も25試合(1得点)に出場していた。今季キャプテンを務めたFW大前元紀(30)に続いての契約満了となる。

 菊地はクラブを通じて「大宮アルディージャに関わる全ての皆さま、8年間ありがとうございました。今シーズンをもちまして退団することになりました。2012年に移籍してきて一年一年、中身が濃くて、良い思い出も苦しい思い出もたくさんあります。そんな苦楽をともに過ごし、常に支えてくださったファン・サポーターの皆さまには感謝しかありません。来年大宮でプレーできないことは残念ですし、J1に昇格できなかったことは心残りで、とても寂しいです。大宮アルディージャのことはこれからも応援していますし、クラブの躍進を祈っています。ファン・サポーターの皆さま、どうか、これからも大宮アルディージャをよろしくお願いします。まだ選手として頑張ろうと思っているので、またどこかで見かけたら気軽に声を掛けてください。本当に長い間お世話になりました」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年12月17日のニュース