なでしこ、4大会ぶり優勝 籾木が決勝PK決めて3連勝 初の男女アベックVへ頼むぞ、森保J!

[ 2019年12月17日 21:22 ]

E―1選手権   日本1―0韓国 ( 2019年12月17日    韓国・釜山九徳 )

<E-1選手権 女子 韓国・日本>後半、PKを決めた籾木(10)(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 東アジア王者を懸けたE―1選手権(韓国・釜山)に出場中の女子日本代表「なでしこジャパン」は17日、最終戦で韓国と対戦。1―0で勝って3連勝を飾り、2010年以来4大会ぶり3度目の優勝を決めた。男子日本代表は18日に優勝を懸け、こちらも韓国と対戦。初の男女アベックVなるか、注目される。

 2戦5発の大黒柱、FW岩渕真奈(26=INAC神戸)がこの日、ケガのためチームを離脱。代役として先発したなでしこリーグ史上初の4年連続得点女王、FW田中美南(25=日テレ)は不発に終わったが、田中との2トップで先発したFW籾木結花(23=日テレ)が自らのシュートで相手の反則(ハンド)を誘って得たPKを後半43分に左足で決め、これが決勝点となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月17日のニュース