GK鈴木彩貴が現役引退を発表「サッカー界に恩返しをしていきたい」8月に遼河はるひと結婚

[ 2019年12月17日 15:42 ]

鈴木彩貴
Photo By スポニチ

 J2長崎は17日、GK鈴木彩貴(32)が今季限りで現役を引退すると発表した。鈴木は今年8月に宝塚出身の女優・遼河はるひ(43)との結婚を発表したばかりだった。

 愛知県出身の鈴木は中京大中京高、立命館大を経て2010年に当時JFLだった秋田に加入。2014年に当時J2だった北九州、2017年にJ1横浜への移籍を経て今季からJ2長崎へ完全移籍していた。リーグ戦通算でJ1とJ3の出場はなく、J2は37試合に出場した。

 鈴木はクラブを通じて「今シーズンをもちまして現役を引退することを決意いたしました。6歳の時に東光FCでサッカーを始め、これまでのサッカー人生は多くの方々に支えていただき歩んでくることができました。今までともに闘った仲間たち、指導をしてくださった監督・コーチ・スタッフの皆さま、ファン・サポーターの皆さま、チーム関係者の皆さま、スポンサーの皆さま、すべての皆さまに感謝いたします。ありがとうございました!」とコメント。

 「今後も大好きなサッカーに携わっていき、何らかの形でサッカー界に恩返しをしていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします」と今後の見通しを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月17日のニュース