横浜 DFチアゴが期限付き移籍から完全移籍に 33試合出場で15年ぶりVに貢献

[ 2019年12月17日 14:39 ]

 J1の横浜は17日、パルメイラス(ブラジル)から期限付き移籍で加入していたDFチアゴ・マルチンス・ブエノ(24)が横浜に完全移籍することが決まったと発表した。

 ブラジル出身のチアゴは加入1年目の昨季成績がリーグ戦13試合0得点、今季は33試合に出場(0得点)してチームの15年ぶり優勝に貢献した。

 チアゴはクラブを通じて「横浜F・マリノスに完全移籍することになり大変嬉しく思っています。来日した1日目からチームメイト、スタッフとサポーターの皆さんのおかげで日本での生活に不自由なく馴染むことができました。2019年は信じられないくらい素晴らしい年でしたが、新たな年『2020年』もそれ以上にみんなが幸せになれる結果が得られるよう、チームのために日々全力を尽くしてやっていきたいと思います。皆さんの応援とサポート、いつもありがとうございます。皆さんは自分にとってはもちろん、横浜F・マリノスにとってもとても大切な存在です。一緒に前に進むことでより強くなれます!」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月17日のニュース