神戸・那須、「脳が揺れる現象」で現役引退 04年アテネ五輪の日本代表主将

[ 2019年12月17日 05:30 ]

神戸・那須大亮
Photo By スポニチ

 神戸は16日、04年アテネ五輪で日本代表の主将を務めたDF那須大亮(38)が天皇杯終了をもって現役を引退すると発表した。神戸は21日の準決勝でJ1清水と対戦する。ユーチューブ上の動画では引退理由として「脳が揺れる現象」があったと明かした。

 鹿児島実高、駒大を経て横浜入り。03年にJリーグ新人王に輝いた。磐田、浦和などでもプレーし、J1通算400試合に出場して29得点。神戸で2季目となる今季はリーグ戦で出場機会がなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月17日のニュース