川淵三郎氏、なでしこ優勝に大興奮「インタビューの時の高倉監督の笑顔が可愛かったよ!」

[ 2019年12月17日 22:16 ]

E―1選手権   日本1―0韓国 ( 2019年12月17日    韓国・釜山九徳 )

<E-1選手権 女子 韓国・日本>優勝に喜ぶなでしこJAPAN(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 Jリーグ初代チェアマンで、日本サッカー協会会長も務めた川淵三郎氏(83)が17日、自身のツイッターを更新。同日、韓国・釜山で行われたE―1選手権で2010年以来4大会ぶり3度目の優勝を飾った女子日本代表「なでしこジャパン」を祝福した。

 かつては東アジア杯の名で開催されていたE―1選手権。事実上の決勝戦となった韓国との最終戦に1―0で勝って無傷の3連勝で優勝を決めたなでしこたちに、元会長は大満足だった。

 「女子東アジア選手権久し振りの優勝おめでとう」とした川淵氏は「祝」と「クラッカー」「くす玉」と3つの絵文字も添えて優勝を祝福。「明日男子も勝ってダブル優勝の喜びを満喫させてほしい」と18日に同じく最終戦で韓国と対戦し、2013年以来3大会ぶり優勝を目指す森保ジャパンにエールを送った。

 そして「インタビューの時の高倉監督の笑顔が可愛かったよ!こういうのもセクハラになるのかなあ!?」でツイートを締めくくった川淵氏。ニッコニコな笑顔が容易に想像できる喜びっぷりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月17日のニュース