森保J、丸見え状態で戦術オープン 災難で「臨機応変」試される

[ 2019年12月17日 05:30 ]

練習冒頭でランニングする日本代表イレブン(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 公開練習を余儀なくされた。冒頭15分を除いてクローズの予定だったが、敷地はすり鉢状の最下層に位置しており、四方八方から丸見え状態。 日程&結果  日本代表メンバー

 先発が予想できるフォーメーションでの戦術練習を含め、全てオープンとなった。別の練習場で行った初戦の中国戦前日も照明が足りず戦術確認を行えないハプニングがあったが、またも災難。森保監督が常々口にする「臨機応変」が試されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年12月17日のニュース