永井が2ゴール!18歳久保ベンチ入り 香川&岡崎&川島はベンチ外

[ 2019年6月9日 18:05 ]

国際親善試合   日本―エルサルバドル ( 2019年6月9日    ひとめぼれスタジアム宮城 )

前半19分、代表初ゴールを決めたFW永井(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 森保一監督率いるサッカー日本代表は9日、ひとめぼれスタジアム宮城で行われる国際親善試合でエルサルバドル代表と対戦。日本は永井謙佑(30=FC東京)が代表初ゴールを含む2点を奪い、前半を2―0で折り返した。

 この日はMF堂安律、MF南野拓実のほか、J1で首位を走るFC東京からFW永井謙佑、MF橋本拳人がスタメンに名を連ねた。主将はDF昌子源が務める。

 5日のトリニダード・トバゴ戦ではメンバー外だったA代表初招集の18歳・MF久保建英(FC東京)もベンチ入り。GK川島永嗣、MF香川真司、FW岡崎慎司のベテラン3選手がベンチ外となった。

 日本の先発メンバーは以下の通り。

 【GK】シュミット・ダニエル(27=仙台)
 【DF】昌子源(26=トゥールーズ)、畠中槙之輔(23=横浜)、冨安健洋(20=シントトロイデン)
 【MF】原口元気(28=ハノーバー)、小林祐希(27=ヘーレンフェイン)、伊東純也(26=ゲンク)、橋本拳人(25=FC東京)、南野拓実(24=ザルツブルク)、堂安律(20=フローニンゲン)
 【FW】永井謙佑(30=FC東京)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月9日のニュース