MF守田“二刀流”も任せろ!3バックでの出場に意欲

[ 2019年6月9日 05:30 ]

国際親善試合   日本―エルサルバドル ( 2019年6月9日    ひとめS )

<日本代表練習>軽快な動きを見せる守田(左)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 MF守田が“二刀流”に意欲を示した。5日のトリニダード・トバゴ戦は本職のボランチで先発し、後半16分までプレー。それでも7日は控え組とともに強度の高い練習を、しかもDFラインに入ってこなした。

 元々複数ポジションができるMFで、場合によっては3バックの一角に入る可能性もあり「3バックの両サイドもできると思う。そこで使ってもらったら自分の特長を出したい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年6月9日のニュース