女子W杯開幕!開催国フランス 韓国に4発白星発進

[ 2019年6月9日 05:30 ]

女子W杯1次リーグA組   フランス4-0韓国 ( 2019年6月7日 )

<女子W杯>韓国戦でゴールを決め喜ぶルナール(中央)らフランス代表イレブン(AP)
Photo By AP

 女子W杯は7日にパリで開幕し、初優勝を目指す開催国フランスは、1次リーグA組で韓国に4―0で快勝して白星スタートを切った。2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは1次リーグD組で、10日(日本時間11日未明)にアルゼンチンとの初戦に臨む。決勝は7月7日(同8日未明)にリヨンで行われる。

 4万5000人の大歓声を受け、華々しいゴールラッシュで大会の幕を開けた。韓国に21本ものシュートを浴びせ4得点で快勝し、ディアクル監督は「どんな大会も開幕戦は難しいが、フランスは準備ができていると証明できた」と胸を張った。日本代表DF熊谷が所属する欧州王者リヨンの選手が先発7人を占め、リヨン勢で全得点をマーク。前半に右クロスからエースのFWルソメルが大会1号を決め、1メートル87のDFルナールがCKから頭で2発。後半に主将のMFアンリがダメ押しミドルと中心選手が活躍した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年6月9日のニュース