神戸 再建へ“バルサ化”封印 フィンク新監督で現実路線へ…三浦SD退任の可能性も

[ 2019年6月9日 05:00 ]

神戸の新監督に就任するドイツ出身のフィンク氏
Photo By スポニチ

 神戸は8日、吉田孝行監督(42)の退任とドイツ人のトルステン・フィンク氏(51)の新監督就任を発表した。すでに来日しており、早ければ15日のFC東京戦(味スタ)から指揮を執る。さらに今夏の補強として元日本代表DF酒井高徳(28=ハンブルガーSV)の獲得に乗り出していることも判明。三浦淳寛スポーツダイレクター(44、SD)が退任する可能性も浮上しており、ピッチ内外の大改革で巻き返しを狙う。

 標榜していた「バルセロナ化」や、磐田戦(1日)後の三浦SDによる「吉田体制継続発言」は何だったのか…。神戸が今季2度目の監督交代に踏み切った。新監督のフィンク氏は5日に来日。就労ビザの関係でこの日の練習は見学にとどまったものの、クラブハウスで今後の強化プランを綿密に話し合った。

 4月中旬に選手起用を巡ってクラブ上層部とリージョ元監督が対立。事実上の解任に追い込まれ、さらに昨年9月以来の再登板となった吉田前監督も、公式戦9連敗とチームを立て直すことができなかった。そして元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏の名前などが取りざたされる中、最後はそれほど知名度の高くないドイツ人指揮官に落ち着いた。

 フィンク氏は現役時代、バイエルン・ミュンヘンなどでプレー。指導者転身後はバーゼル(スイス)やハンブルガーSV(ドイツ)などを歴任し、ザルツブルク(オーストリア)のコーチを務めた07年には元日本代表DF宮本恒靖(現G大阪監督)を指導した経験もある。だが18~19年シーズンに指揮したグラスホッパー(スイス)は途中解任。チームも70年ぶりに2部に降格した。

 関係者によると、低迷を招いた責任者として三浦SDらが退任する話も内部で浮上しているという。元スペイン代表のMFイニエスタやFWビジャを獲得し、「バルセロナ化」を目指したのも昔の話。ドイツ人指導者による現実路線のサッカーで低迷脱出はなるのか。早ければ15日のアウェーFC東京戦が新体制の初陣となる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年6月9日のニュース