18歳久保が代表デビュー 市川大祐に次ぐ史上2番目年少記録

[ 2019年6月9日 20:26 ]

国際親善試合   日本―エルサルバドル ( 2019年6月9日    ひとめぼれスタジアム宮城 )

<日本・エルサルバドル>ドリブルで相手を抜く久保(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 森保一監督率いるサッカー日本代表は9日、ひとめぼれスタジアム宮城で行われた国際親善試合でエルサルバドル代表と対戦。MF久保建英(18=FC東京)が後半22分に途中出場し、A代表デビューを果たした。

 後半19分を過ぎたあたりで、ビブスを脱いで交代の準備をし始めた久保。同22分にMF南野に代わってピッチに投入されると、スタジアムはサポーターの大歓声に包まれた。

 5日のトリニダード・トバゴ戦ではメンバー外も、この日はベンチ入り。18歳5日での出場は、98年の市川大祐の17歳322日に次いで2番目の年少記録となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年6月9日のニュース