仙台 システム変更実らず…相手好守に苦しみ1―2惜敗

[ 2019年3月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節   仙台1―2横浜 ( 2019年3月2日    日産ス )

横浜に敗れ肩を落とす仙台イレブン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 仙台のシステム変更は報われなかった。

 前節の浦和戦はFW長沢を1トップに置いたが、この日は長沢とFW石原の2トップを採用。渡辺監督は「前線にボールの出どころを増やしたかった」と狙いを明かしたが、相手の好守に苦しみ両FWにボールが入らなかった。後半途中から4バックに変えるなど試行錯誤したが、44分に石原がPKを決めて1点を返しただけだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年3月3日のニュース