古巣浦和に恩返し!ミシャ監督 選手を絶賛「マンCに近い」

[ 2019年3月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節   札幌2―0浦和 ( 2019年3月2日    埼玉 )

<浦和・札幌>前半2分、先制ゴールを決めた札幌・鈴木(右)がペトロヴィッチ監督と握手する(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 一昨年途中まで指揮した浦和の地で、札幌のペトロヴィッチ監督が歓喜した。試合後の会見では「選手には“今日のようなゲームが毎試合できたら死んでもいい”と言った。それくらい選手が準備したことを出してくれた。レベルとしてはマンチェスターCに近い」と絶賛。初の先発起用で2ゴールを挙げたFW鈴木に対しても、「トレーニングの姿勢を見て、チャンスを与えるだけのことをしてきた。素晴らしい活躍」と褒めちぎった。

 指揮官にとって、一昨年途中まで指揮した古巣・浦和に完勝。「浦和の地で選手が見せたものは素晴らしいものがある。かつての浦和のサポーターが懐かしむコンビネーションを見せた」。さらに「今日のようなゲームならヨーロッパでは敵地でも拍手を送られる」とも話し、試合後の浦和サポーターからの大ブーイングへの皮肉めいた言葉で締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年3月3日のニュース