メキシコ代表 新監督にマルティノ氏

[ 2019年1月8日 10:15 ]

 メキシコ・サッカー連盟は7日、同国代表の新監督にアルゼンチン出身のヘラルド・マルティノ氏(56)が就任したと発表した。

 マルティノ氏は2010年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会ではパラグアイを率い、決勝トーナメント1回戦で日本を退けて8強入り。アルゼンチン代表やスペイン1部リーグのバルセロナでも指揮を執った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月8日のニュース