中沢佑二 期せずして同日引退表明となった楢崎に撤回迫る「今からでも遅くない!」

[ 2019年1月8日 21:46 ]

2009年当時の中沢(左)と楢崎
Photo By スポニチ

 2018年シーズン限りでの現役引退を発表した元日本代表DF中沢佑二(40=横浜)が8日、自身の公式サイト内にあるブログを更新。期せずして同日の引退発表となった元日本代表GK楢崎正剛(42=名古屋)に対して「今からでも遅くない!引退撤回してください!!!!!」と迫った。

 中沢は「大先輩 楢さん!」とのタイトルでブログを更新。「楢さん!諦めたらそこで試合終了ですよ!楢さんならまだまだやれます!今からでも遅くない!引退撤回してください!!!!!」とつづった。

 中沢はこの日午前、所属先の横浜を通じて引退を表明。その後、後を追うかのように楢崎が午後3時に引退を発表した。「#なんで同じ日に引退発表するんじゃい」「#俺の引退がかすむんじゃい笑」「#これだからAB型は困る」「#By楢崎正剛」「#楢さんもAB型ですけどね笑笑」「#でも」「#大好きな楢さんと一緒に引退できて幸せです」と7つのハッシュタグを付けた。

 1976年4月15日生まれで、1995年に横浜F入りした楢崎は日本代表として98年フランス大会、02年日韓大会、06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会と4大会連続でワールドカップ(W杯)のメンバー入り。1978年2月25日生まれで、99年にV川崎(現J2東京V)入りした中沢は日本代表として06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会と2度のW杯でメンバー入り。守護神とセンターバックという守備の要としてタッグを組み、多くの勝利に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月8日のニュース