名古屋5発完勝 FW永井が初ハット 豪快ミドルは「泰士が“打てー!”と」

[ 2016年10月1日 16:52 ]

<名古屋・福岡>前半、2点目のゴールを決める名古屋・永井(右)

明治安田生命J1第2S第14節 名古屋5―0福岡

(10月1日 パロ瑞穂)
 年間勝ち点で16位とJ2降格圏内の名古屋は、同18位の福岡に5―0で完勝。FW永井が自身初となるハットトリックを決める活躍を見せ、残留争いのライバルを蹴散らした。

 J1残留を占う重要な一戦でハットトリックと大暴れの永井。「今シーズンは全然点が取れていなかったので、こういう大事なときに点を取れて良かった」と胸をなでおろした。

 印象的だったのは、後半立ち上がりに決めた2点目の豪快ミドル。「(田口)泰士が後ろから“打てー!”と大きい声で言ったので(右足を)振り抜いた」と振り返った。

 サポーターは「DEAD or ALIVE」の横断幕を掲げて選手を鼓舞。5月4日の横浜戦以来となるホームでの白星に、永井は「サポーターがいい雰囲気を作ってくれた。(残り3試合)全部勝てるように一緒に頑張っていきましょう」と呼びかけていた。
【試合結果】

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月1日のニュース