神戸・レアンドロ、4戦6発で単独トップ19点 初の得点王「十分狙える」

[ 2016年10月1日 21:14 ]

<神戸・川崎>後半14分、神戸・レアンドロが追加点を決め天を指さす

明治安田生命J1第2S第14節 神戸3―0川崎F

(10月1日 ノエスタ)
 神戸が川崎Fとの上位対決に3―0で快勝。第2ステージ2位に浮上するとともに、年間勝ち点を49としてクラブの新記録を更新した。

 エースのFWレアンドロ(31)が後半14分、同31分と2ゴールを決め、18ゴールの広島FWウタカ(32)を一気に抜いてリーグ単独トップの19ゴール。

 4試合連続ゴールで4戦6発の荒稼ぎとなったレアンドロは「皆が全身全霊で戦った結果、2ゴールが決まった。本当に皆のおかげです」とチームメートに感謝し、Jリーグ在籍10年目にして初となる得点王のタイトルに向けては「十分狙えるところにいるが、何より大切なのはチームのタイトル」と頼もしかった。
【試合結果】

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月1日のニュース