福岡のJ2降格決定、名古屋に5失点完敗 年間16位以下確定

[ 2016年10月1日 15:56 ]

明治安田生命J1第2S第14節 ( 2016年10月1日    パロ瑞穂 )

<名古屋・福岡>前半、先制ゴールを決める名古屋・河大成

 明治安田生命J1リーグ第2ステージは1日、第14節が行われ、年間勝ち点で最下位の福岡が同16位の名古屋に0―5で完敗。残り3試合で年間15位以上に上がれないことが確定し、5年ぶりの昇格から1年で福岡のJ2降格が決まった。

 J1残留へ向けて1戦も落とせない福岡だったが、前半18分にMFハ・デソンに右足で決められあっさりと失点。同36分にはMF田口からのスルーパスに反応したFW永井にDFラインを突破され、2点目を失った。

 後半立ち上がりの後半2分には、永井の豪快なミドルシュートが決まり0―3。同10分にも永井にゴールネットを揺らされた。永井は自身初のハットトリックを達成した。

 試合終盤には途中出場のDF酒井に5点目を決められた福岡は、残留争いのライバルとの直接対決で痛すぎる黒星。一方の名古屋は、昨年の第2ステージ第15、16節(10月24日、11月7日)以来約11カ月ぶりとなる、今季初の連勝を決めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年10月1日のニュース