ザルツブルク南野 歯がゆい連敗「組み立ては落ち着いてやれた…」

[ 2016年10月1日 05:30 ]

欧州リーグ1次リーグ第2節I組 ( 2016年9月29日 )

 ザルツブルクのFW南野は「いつも国内(オーストリア)でやっていたらもっと好機がある。それに比べると一つ格が上がった相手にはこんなものなのかな」と歯がゆそうだった。

 0―3の後半20分からプレー。味方との連係でゴール前に進入しようとする場面はあったが、相手守備に阻まれた。1次リーグ2連敗。「組み立ては落ち着いてやれていたと思うが、最後(ゴール前)のところまで高い質でできていたかと言えば、できていなかった」と反省点を挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年10月1日のニュース