長谷部、残留貢献も「喜べない」 死闘の相手は古巣

[ 2016年5月25日 05:30 ]

<ニュルンベルク・フランクフルト>ドイツ1部残留を決め、喜ぶセフェロヴィッチ(上)と長谷部

ブンデスリーガ入れ替え戦第2戦 フランクフルト1―0ニュルンベルク

(5月23日)
 フランクフルト長谷部は守備的MFでフル出場して勝利と1部残留に貢献した。相手のニュルンベルクは13~14年シーズンに所属した古巣。在籍時に2部に降格しており「1部に残ったので良かったけど、試合が終わると感傷的になりました。2年前にチーム(ニュルンベルク)が降格したときに関わっていた選手として、ちょっと…」と素直に喜べなかった。

 今季限りでチームとの契約を満了するが「それはこれからじゃないですかね」と去就については流動的であることを強調。キリン杯に向けた日本代表の欧州組合宿に合流するため、近日中に帰国する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース