上海上港、中2日でも奮闘 敗退寸前から一転歓喜

[ 2016年5月25日 05:30 ]

ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 上海上港1―0FC東京

(5月24日 上海運動場)
 上海上港は、敗退寸前から一転、歓喜に沸いた。中6日で試合に臨んだFC東京に対し中2日の厳しい日程。後半25分すぎから足が止まりだしたが、最後はホームの大声援を力に変え、FW武磊が値千金の逆転突破弾を決めた。

 かつてイングランド代表も率いたエリクソン監督は「素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた選手に感謝したい。決勝まで進めるよう努力したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース