前園真聖氏がスイーツ初監修 1年プリン300個食べる“スイーツ男子”

[ 2016年5月25日 14:00 ]

スイーツを監修した前園真聖氏

 “スイーツ男子”として知られるサッカー元日本代表の前園真聖氏(42)がスイーツを初監修することが25日、わかった。同世代の30~40代男性に向けた「大人のスイーツ」で、同氏は「みなさんに憩いの時間を提供できれば」と商品に込めた思いを語っている。

 スイーツめぐりを趣味とし、年間約300個のプリンを食べるなどスイーツに対して深い造詣を持つ前園氏。そんな“スイーツ日本代表”が満を持して初プロデュースするのが今回の4品で、いずれもコーヒー風味の逸品。工場視察、商品名やパッケージの考案、試作品の試食、材料の源泉などに携わり、全面的にプロデュースした「大人のスイーツ」だ。

 「今、コンビニでスイーツ購入される方のうち、約6割は男性だと伺ったことがあります。この商品を通して、世の男性、そしてスイーツ好きな女性のみなさんに憩い時間を提供できれば、と思い携わりました」と前園氏。4品のうち、「ふんわりティラミスボール」(税込250円)と「まろやか珈琲ジュレ」(同198円)を北海道、九州、沖縄の一部地域を除く全国のファミリーマートで今月31日から6月27日まで先行発売し、7月1日から31日まで「ふんわりティラミスボール」(オープン価格)に加えて「白い珈琲シュー」(オープン価格)と「大人の珈琲プリン」(オープン価格)を全国のコンビニ・スーパーマーケットで期間限定販売する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース