独から帰国…宮市、代表復帰へ「継続して結果を出す」

[ 2016年5月25日 05:30 ]

シーズンを終えて帰国したドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市

 ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市が羽田空港着の航空機で帰国した。アーセナルから移籍も開幕前に左膝前十字じん帯を断裂。手術を経て実戦復帰した最終戦で2得点1アシストと活躍し、ハリルホジッチ監督も日本代表の大枠に入っていることを示唆した。

 「最後に何とかゴールすることができて次につながるシーズンになった」と話したドリブラーは「継続して結果を出すことが代表につながる。今いる選手に危機感を与えたい」と12年以来の代表復帰へ強い思いをのぞかせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース