日本、ポルトガルに零敗 FW浅野が即日反省会「悔しさ大きい」

[ 2016年5月25日 05:30 ]

<日本・ポルトガル>後半、シュートを放つ南野

 ポルトガル戦を終えたFW浅野が即日反省会を行った。決定力不足のため、ポルトガル戦では決定機を迎えながら無得点。宿舎に帰って試合の映像を個人的に時間の許す限り見た。

 前半38分にはシュートを左ポストに当て、後半15分には右サイドを突破したが右足シュートは枠外に外れた。「僕らの決定力不足が敗因。その分、悔しさは大きい」と、うなだれた。

 ポルトガルは五輪本大会に出場するとはいえ、今大会は20歳以下の選手しか出場していない。その中でパラグアイ戦に続き連敗。「悔しさでモヤモヤはある。でも自信を失うことはない。次の糧にしてやっていきたい」と、必死で前を向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース