マンU、今季限りでの監督退任発表 ファンハール氏「非常に残念」

[ 2016年5月25日 05:30 ]

マンチェスターUは今季限りでのファンハール監督の退任を発表した(AP)

 マンチェスターUは23日、ルイス・ファンハール監督(64)が今季限りで退任すると発表した。同氏はクラブの公式サイトで「当初の予定通り3年間の契約期間を全うできなかったことは非常に残念に思う」とコメントした。

 デーリー・エクスプレス紙を含む英メディアは、同氏が違約金として500万ポンド(約7億9000万円)を受け取ると報じた。なお、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏(53)の就任が秒読み段階。近日中にも代理人とクラブ首脳陣が会談する予定で、英BBCは今週中には就任が発表される見通しと伝えている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月25日のニュース