浦和FW原口 ヘルタ移籍合意間近、独大衆紙が4年契約の報道

[ 2014年5月23日 16:12 ]

練習後に取材に応じる、J1浦和の原口元気=23日、さいたま市

 J1浦和のFW原口元気(23)がドイツ1部リーグのヘルタへ移籍する見通しであることが23日、明らかになった。原口は「まだ何も決まっていないというか、話せない」と述べるにとどまったが、ドイツの大衆紙ビルトは移籍金50万ユーロ(約7千万円)の4年契約で合意間近と伝えた。

 浦和の山道守彦強化本部長は獲得の正式な申し入れを受けたことを認め「うちで育った選手が海外のチーム(から打診を受ける)というのは非常にありがたいし、感慨深い」と話した。

 浦和ユース出身の原口はJ1通算167試合で33得点。日本代表では国際Aマッチ3試合に出場し、4月の代表候補合宿には招集されたがワールドカップ(W杯)代表には選ばれなかった。

 ヘルタには元浦和で、同じくW杯代表入りを逃したMF細貝萌が所属している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月23日のニュース