佐々木監督 手放しで選手称える「なでしこの粘り勝ち」

[ 2014年5月23日 05:30 ]

女子アジア杯準決勝 日本2―1中国

(5月22日 ホーチミン)
 佐々木監督は延長後半終了間際の劇的勝利に「選手が最後まで走ってくれた。なでしこの粘り勝ち」と手放しで称えた。

 所属クラブの都合で1次リーグで活躍したエースの大儀見(チェルシー)がチームを離脱する苦しい台所事情も「厳しい戦いになると思ったので経験のある選手を選んだ」という判断で澤を先発起用し、その澤が先制点を挙げた。悲願の優勝まであと1勝とした指揮官は「期待に応えられるように頑張りたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月23日のニュース