W杯練習パートナーは高校生2人 20年東京五輪世代

[ 2014年5月14日 05:30 ]

 日本協会は21日から始まる指宿合宿、29日から始まる米国タンパ近郊での事前合宿まで日本代表に帯同させる練習パートナーの高校生2人を発表した。

 20年東京五輪世代で将来が期待されるFW杉森考起(17=名古屋U―18)とDF坂井大将(17=大分U―18)。原専務理事は「杉森はナビスコ杯の経験もある。柔らかく技術もある。坂井は左右のサイドバック、トップ下もできてスピードもある。2人とも可能性のある選手」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年5月14日のニュース